新たなビットコインの可能性!今話題の株式会社LastRoots

革新的なブロックチェーン技術!~LastRootsの魅力とは~

LastRootsとは?

LastRootsは、投資サービスを提供している株式会社の一つになります。当ページでは、そんなLastRootsの事業や魅力についてご紹介していきます。

LastRootsの凄いところ!

国内初の和製仮想通貨

LastRootsが開発した仮想通貨である「c0ban」は、国内初の和製仮想通貨ということで多くの企業から注目されています。また、この仮想通貨を実現するブロックチェーン技術も高く買われており、投資家達からも評判です。

資金調達で国内NO.1

事業推進のために、クラウドファンディングを利用する企業も多いですが、実はLastRootは国内において史上最高額である「1億700万円」という多額の資金を調達しているほど、凄い会社なのです。

独自のサービスを展開

c0banを活用した広告配信や取引所の運営、決済システム、さらに人材登用など多岐に渡って独自サービスを展開しているのが、LastRootsという会社です。サービス自体はここ数年で始まったばかりですが、導入している企業も年々増加しています。

新たなビットコインの可能性!今話題の株式会社LastRoots

グラフ

LastRootsの歴史

株式会社LastRootsは、東京都港区六本木で仮想通貨の運営を目的として2016年6月に設立されました。当時の資本金は1000万と一般企業と変わらないものの、クラウドファンディングにて6億円を調達し、一躍話題にもなりました。そして、その資本金をもとに開発した和製仮想通貨「c0ban」は、ビットコインにおいて革新的なテクノロジー「ブロックチェーン」を利用することで、新しいビットコイン投資の形を作りました。

ブロックチェーンの仕組み

c0banを支えているブロックチェーン技術は、分散型台帳技術とも呼ばれており、ビットコインの中核を担うデータベースのことを言います。このブロックチェーン技術が現在、注目されている理由としてはセキュリティが高いということでしょう。従来のシステムでは、一つのコンピューターによって取引しているため、ネットワークが壊されるリスクが少なからずありました。ところが、分散型ネットワークを認証システムにすることで、壊すことができないネットワークが作ることが可能になります。その結果、取引の信憑性が増し、容易く合意を達成させることに繋がりました。

LastRootsの将来性

LastRootsは新たなビットコインの可能性を引き出してくれる企業です。実際に日本において、「c0ban」を導入している企業も100を超えており、将来性も高いと言えるでしょう。ですが、未だにビットコインの有効性は確立されたとは言い難いのも事実です。そのため、LastRootsやその他のビットコイン投資サービスを提供している企業の情報をリサーチしながら、今後の展開をこまめにチェックしておきましょう。

広告募集中