仮想通貨「c0ban」が注目されているワケ

現代では、ビットコイン投資を試みる投資家が増え、和製仮想通貨である「c0ban」が注目されています。新しく投資を始めたいという方は、c0banの仕組みや使用方法などを知っておくといいでしょう。

プリペイドカードとデビットカードを徹底比較!

プリペイドカード

プリペイドカードとは、現金の代わりに利用できるカードのことを言います。一般的なテレホンカードや図書カードと同様に、カードを購入するときにお金を支払い、支払った額がカードの残高になります。

デビットカード

一方、デビットカードは、利用するときに口座開設が必須で、カードで何かを購入するとその口座残高から料金を支払うという仕組みになっています。どちらかというとクレジットカードに近いと言えます。

c0banがおすすめできる理由!

no.1

高騰する可能性が高い

仮想通貨を利用しての投資は未だ確立されているとは言えない現状ですが、裏を返せば、安定性が増すことで将来的に価値が高騰する可能性が高いということに繋がります。特に、最近ではブロックチェーン技術が導入されたこともあり、徐々に高騰の兆しが見えています。

no.2

始め方が簡単で安心

c0banで投資を始めるには、取引サイトで本人認証を行なう必要がありますが、その他の手続きは簡単で投資初心者でも安心して始めることができます。証拠金も10000円と少ない金額から投資が始められるために、投資初心者におすすめできます。

no.3

セキュリティ面で安全

c0banでは、ブロックチェーンによって取引の記録をユーザー同士で共有・検証することで不正取引や記録改ざんを防いでいます。また、多数のコンピューターで公開鍵暗号などの暗号技術を組合せて取引情報やデータを記録しているため、セキュリティ面では安全性が非常に高いです。

仮想通貨「c0ban」が注目されているワケ

お金

c0banって何?

c0banとは、株式会社LastRootsが開発した和製仮想通貨のことです。このc0banは現在、日本の企業において導入が増え続けており、ビジネスや投資の面で注目され始めています。また、昨今ではビットコインの価値が高騰しているということで、c0banを利用したいという消費者も多いです。

c0banの仕組み

c0banの仕組みは至って単純で、自社をアピールしたい企業及び個人が動画を制作し、広告として消費者に閲覧してもらうことで、c0banが消費者に付与されます。この付与されたc0banは、c0banを導入している企業であれば商品、サービスにおいて実際にリアルマネーとして使用することが可能です。

広告募集中